考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

おしゃれなオーダーカーテンが揃う通販店クレールが運営する辞典型カーテンブログ。365日毎日届く動画付きメルマガで、学校でも教えてくれないカーテン情報を楽しく学べます。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

見栄えがグンと良くなるカーテンサイズの測り方

600

 

 

住宅には様々な形の窓がたくさんあって、
カーテンの丈をどの位置にしようかと、
あれこれ悩むことがあります

 

カーテンの丈は窓ぜんぶ統一すべきなのか、
それとも窓には最適な丈というものが、
あらかじめ決まっているのでしょうか?

 

カーテンの高さサイズの測り方は、
窓のタイプで決まります

 

ただ窓が設置された位置関係などで、
経験による判断も必要です。

 

掃き出し窓は外へ出入りできるもので、
カーテンの丈は床まで測ります。

 

study1-240

 

写真のように窓が床から離れていても、
床までカーテンを作ります。

 

床まで伸ばさなくても窓は隠れますが、
中途半端な位置は丈が短いと感じて、
ストレスになるのでお勧めしません。

 

腰高窓は窓枠より15cm下として、
もし窓下に机などの家具があれば、
当たらないように調整します。

 

kosidaka

 

出窓は中にカーテンレールがあれば、
カーテンは棚面まで作ります。

 

この時裾と棚面の隙間が大きいと、
心理的に短いと感じてしまうので、
棚面より1cm上がりとします。

 

ドレープのカーテンレールが壁面なら、
腰高窓と同じ窓枠下15cmとします。

 

では掃き出し窓と腰高窓がある場合、
丈は揃えるべきでしょうか?

 

study2-240

 

腰高窓も床までカーテンを作ることで、
掃き出し窓との統一感は生まれます

 

ただ余計な出費は避けたいところなので、
丈は揃えず窓枠下15cmが一般的です。

 

同じカーテンで揃える事もあれば、
シェードスタイルに変えることで、
独立した窓と意識できます。

 

必ずしもこれというルールは無いので、
プロと相談しながらストーリーを考え、
楽しいインテリアを作りましょう。

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

話題の製品・情報を紹介

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事