考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

おしゃれなオーダーカーテンが揃う通販店クレールが運営する辞典型カーテンブログ。365日毎日届く動画付きメルマガで、学校でも教えてくれないカーテン情報を楽しく学べます。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

ミラーカーテン売れてる理由は価格ではありません

600

 

 

昼間のプライバシー確保に欠かせない、
ミラーレースカーテン。

 

その機能はあまり安い価格の物だと、
効果は今ひとつでしょうか?と、
ご質問をいただきました。

 

ミラーカーテンとは部屋の窓ガラスを、
まるで鏡のように変えてしまうことで、
周囲の景色が写って部屋の中が見えない、
プライバシー確保ができるレースです。

 

効果の満足度は価格に比例するかは、
使う方の環境で大きく変わります。

 

ミラー効果で室内が見えないのは、
基本的に晴れた日の明るい時間帯です。

 

鏡に映し出される周囲の光景が、
室内より遙かに明るく強い光なら、
部屋中は透けて見えません。

 

これが雨降りや夕方など薄暗いと、
室内の明るさを上回る光量がないため、
逆転して今度は部屋が見えてしまいます

 

そういう時は夜用のカーテンを閉めるとか、
雨戸やシャッターで対応します。

 

まだ昼間なのにカーテンを閉めるなんて、
絶対にイヤという方も多いです。

 

価格が安いものは使っている繊維も少なく、
ミラー効果が落ちて透ける原因になり、
繊維をたくさん使っているものほど、
薄暗い日でも見えにくくなります。

 

ただ繊維をたくさん使えば使うほど、
外の景色が見えなくゴワゴワとして、
それはそれで困ることもあります。

 

価格が高い高機能は満足度も高いか、
とは一概に言えない問題でもあります。

 

多くの方は向こうからは見えないけれど、
こちらからは相手が見えるのが希望
このようにリクエストされます。

 

夜になっても透けて見えないレースは、
部屋が暗くなったり外が見えなかったり、
遮像レース商品のデメリットです。

 

どうしてもどこかで妥協点を見つけ、
生活スタイルを合わせることで、
納得できる商品を決める必要があります。

 

スカッと景色は見えなくても我慢ができて、
薄暗い日に透けなければそれで十分なら、
薄手のボイルタイプはいかがでしょう。

 

わがままプライバシーレース
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.curtainshop.co.jp/wagamamaprivacy

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

  

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事