考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

おしゃれなオーダーカーテンが揃う通販店クレールが運営する辞典型カーテンブログ。365日毎日届く動画付きメルマガで、学校でも教えてくれないカーテン情報を楽しく学べます。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

必要なのは遮光じゃなくて睡眠リズムの調整だった

600

 

 

周囲が明るくて夜眠れない方には、
遮光カーテンが必要になります。

 

ところが不眠症で悩んでいる方には、
遮光カーテンは良くないそうです。

 

どうも寝室が明るいから眠れない、
そんな単純な話ではなさそうです。

 

繁華街など周辺が夜でも明るいから、
普通のカーテンでは眠れない

 

それが原因で睡眠不足になるのであれば、
遮光カーテンをお勧めするでしょう。

 

それなのになぜ遮光カーテンは、
不眠症の方にとってNGなのか。

 

風水でも寝室に遮光カーテンは、
NGと言う説があります。

 

その理由は朝日が昇っても気付かない、
健康に悪いからという理由です。

 

どうもこの朝日が昇るということと、
遮光機能に関係がありそうです。

 

人は朝起きて太陽の光を感じることで、
体内時計が正しく調整されます。

 

遮光度が高いカーテンを使っていると、
朝日が昇ったことに気がつきません。

 

身体が目覚めるべき時間が狂ってしまい、
そのズレが夜の就寝時間に影響します。

 

本来なら自然と眠くなる時間なのに、
体内時計の狂いでなかなか眠れない。

 

だから不眠症の方に遮光カーテンは、
逆療法と言えるわけですね。

 

でも周囲が明るくて夜眠れないならば、
やはり遮光機能は必要でしょう。

 

問題は夜が明けてもが暗いことなので、
カーテンを少しだけ開けて寝る
そうすれば朝日も入って目が覚めます。

 

昔と違って周辺環境が大きく変わり、
毎日十分な睡眠を確保するためには、
機能を上手に使いこなす知恵が必要です。

 

なぜ寝室に遮光カーテンがNGなのか、
正しい理由を知って判断しましょう。

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

話題の製品・情報を紹介

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事