考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

おしゃれなオーダーカーテンが揃う通販店クレールが運営する辞典型カーテンブログ。365日毎日届く動画付きメルマガで、学校でも教えてくれないカーテン情報を楽しく学べます。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

インテリアの質をぐっと高める窓廻り計画

600

 

 

住宅設計では間取りの配置が中心になり、
窓廻りの設計が後回しになります。

 

建築士は窓廻りの専門家ではないため、
こちらから細かな要望を伝えないと、
規定の建築構造で進めてしまいます。

 

窓廻りの建築構造を計画しておくと、
自由度が高いカーテン選びができます。

 

カーテンレールは窓の10cmぐらい、
上部に取り付けるのが理想です。

 

しかし一般的にはその高さにビスが効く、
木下地(もくしたじ)が入っていません

 

窓上には3~4cm幅の「まぐさ」があり、
そこを利用して付けるのが一般的です。

 

600-1

 

その場所に付けても問題は無いですが、
どうしてもカーテンと窓の隙間から、
光が漏れる事になります。

 

外から見たときのカーテンの見栄えは、
フックが丸見えで美しくありません

 

その2点から考えてカーテンの設置は、
窓上10cmが理想と言えるのです。

 

そのためには建築段階でまぐさの上に、
幅の広い木下地を入れて置くのです。

 

これでカーテンはご自身で調達して、
レールをDIY設置することになっても、
安心して確実に取付が可能になります。

 

寝室などもっと光漏れを防ぎたいなら、
天井彫り込みのカーテンボックスを、
建築段階で設ける必要があります。

 

もしカーテンボックスが無理なら、
レールを天井に設置しましょう。

 

600-2

 

天井付けのレールは丸見えになるので、
おしゃれな装飾レールを使います。

 

カーテンを天井から吊るスタイルは、
部屋が広く天井が高く感じられ、
省エネ効果も期待できます。

 

設計段階で窓廻りの提案があれば安心、
なければ自衛するしかありません。

 

これからマイホーム計画をされるなら、
ぜひ窓廻りのプランも忘れずに、
同時進行でご検討ください。

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

  

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事