高品質・オーダーカーテン通販専門店

カーテンショップ・クレール名古屋

国内ブランド(サンゲツ・リリカラ・東リ・川島織物セルコン・スミノエ・シンコール・アスワン)のカーテンカタログから、常時1万点のカーテンデータを品揃えしています。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

撮影するのが楽しくなる建築ブログ写真のポイント

600

 

 

いよいよ待望の我が家の建築が始まり、
マイホームが完成するまでの記録を、
ブログで公開される方も増えました。

 

せっかくスマホで写真を記録するなら、
後日カーテン打ち合わせに役立つように、
写真撮影のポイントを紹介します。

 

カーテンは単純に色柄を選ぶだけではなく、
レールの種類やカーテンスタイルも同時に、
検討する必要があります。

 

その時に各部屋の窓環境がわからないと、
カーテン屋に飛び込んで相談しても、
具体的な話まで進めることができません

 

もちろん平面図と立面図を持参できれば、
プロは部屋の窓環境を図面から予測して、
可能なスタイルを提案してくれるでしょう。

 

ただそれはあくまでもプロの提案であり、
実際にその部屋で暮らすご本人の意見は、
いっさい含まれておりません。

 

すべてプロに委ねることができれば、
話を進めてしまっても良いですが、
暮らし始めて気がついた不便な点は、
文句が言えないので注意しましょう。

 

そこでカーテンの打ち合わせに役立つ、
窓廻りの写真をできる限り細部まで、
問題意識を持って撮っておきます

 

この問題意識を持つのがすごく大事で、
実際に暮らし始めた生活動線を中心に、
どういったカーテンなら使いやすいか、
自分なりに考えを持つことです。

 

その要望が本当に実現できるかどうか、
素人だからわからないとあきらめず、
理想の形を自分なりに考えます。

 

そしてカーテン打ち合わせの時に、
自分なりの考えを伝えるのです。

 

その時プロの判断に役立つものが、
そう事前に撮っておいた窓写真です。

 

スマホに部屋別窓写真を記録しておくと、
お店を色々変えて商談が可能です。

 

毎回お店の人を現地に呼んで相談は、
時間も手間もかかるし断りづらい。

 

その点窓廻りの状況が写真でわかれば、
こちらの要望が実現可能かどうかの、
アドバイス収集が可能です。

 

撮影のポイントは窓上の木下地情報、
窓の左右に壁が存在するかどうか、
窓の形状や奥行き網戸の有無など、
気がついた点はどんどん撮りましょう

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事