高品質・オーダーカーテン通販専門店

カーテンショップ・クレール名古屋

国内ブランド(サンゲツ・リリカラ・東リ・川島織物セルコン・スミノエ・シンコール・アスワン)のカーテンカタログから、常時1万点のカーテンデータを品揃えしています。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

初めてのシェードカーテンそのメリット・デメリットとは?

600

 

 

シェードカーテンが登場して20年、
多くの方に認知されたと言っても、
初めてカーテン購入される方には、
今ひとつピンと来ないでしょう。

 

経験がないとカーテン業者の提案に、
判断を誤ることがありますので、
見極めポイントを紹介します。

 

今までカーテンと言えば横開き、
それがブラインド操作みたいに、
上下に昇降するスタイルは、
当時衝撃的な印象でした。

 

住宅やマンションのモデルルームで、
インテリアコーディネーターが、
競うようにシェードを採用しました。

 

シェードを採用するだけで斬新で、
近未来的なイメージを与えたのです。

 

それまで丸みを帯びたカーテンが、
直線的なシャープなものに変わり、
流行に敏感なインテリアファンには、
強烈なインパクトになりました。

 

20年経過した今は経験者も増え、
メリット・デメリットを理解して、
シェードの採用を検討します。

 

今ではそのメリット・デメリットも、
ある程度体系化されていますので、
ぜひこの機会に学びましょう。

 

★メリット

 

1.窓辺の場所を取らない

タペストリーのように平面なので、
狭い部屋なら圧迫感がありません。

 

2.大きな窓は分割してスマートに

カーテンのデメリットであった、
左右の大きなたまりを解消。

 

ワイドな窓は分割して上部に収納で、
開口面積を有効に活用できる。

 

3.縦長の小窓に最適

カーテンだと貧相なスタイルも、
シェードならコンパクトに納まる。

 

4.光や視線のコントロール

カーテンを途中まで降ろすことで、
外からの光や視線をカットしながら、
庭を見たり通風が可能です。

 

★デメリット

 

1.出入りや風の取り入れが不便

カーテンのように片手でサッと開け、
外に出るわけにはいきません。

 

2.メカの老朽化や故障が心配

故障時の修理に手間と経費がかかる。

 

3.メンテナンスが手間

洗濯の時取り外しや、復帰作業が面倒。
大きいサイズのものほど、大変な作業。

 

窓環境によって状況は変わりますので、
メリットになるかデメリットになるか、
問題意識を持って専門家に相談されれば、
きっと良い提案が得られるでしょう。

 

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事