高品質・オーダーカーテン通販専門店

カーテンショップ・クレール名古屋

国内ブランド(サンゲツ・リリカラ・東リ・川島織物セルコン・スミノエ・シンコール・アスワン)のカーテンカタログから、常時1万点のカーテンデータを品揃えしています。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

巨人アマゾンの肩に乗る方法

 

前回は店長篠田の電子書籍、「色だけじゃない!カーテン風水」の発売記念キャンペーンに沢山の方にご参加いただき、本当にありがとうございました。

 

お陰さまで沢山の方がダウンロードしてくださり、レビュー投稿もいただいて本当に嬉しい限りです。

 

興味あったけど忙しくて見逃しちゃった!という方がおられましたら、ぜひこの機会に購入して読んでみてください。

 

いまは間に合っているかもしれませんが、家族や友達が家を建てたり引越するときに、カーテン購入のアドバイスができますのでとても喜ばれますよ。

 

色だけじゃない!カーテン風水 250円
https://goo.gl/otTNKV

 

 

ところでカーテン屋のネットショップ店長がなぜまた電子書籍を出版?と、そのギャップに驚かれた方もおられるかもしれませんね。

 

実はここでカミングアウトさせていただきますと、電子書籍出版を目指す某サークルに入っておりました。

 

ネットショップも黎明期から始めてすでに20年が経ちますと、ビジネスに詳しい方ならご存じのようにすでにこのモデルは成熟期を越えて衰退期に入っています。

 

時代はめまぐるしく変化してネット通販は、アマゾン、楽天、Yahooと3強時代になっています。とても私のような弱小企業が、あらゆるサービス面で彼らに勝てるはずもありません。

 

さらに物販の世界で新しい事業をこれから立ち上げるには、還暦近い私にはちょっと時間が足りません。そこで思いついたのが、コンテンツビジネスです。

 

コンテンツとは、いわゆる「情報」のことです。自分の経験が世の中の人に役立つものなら、ぜひそれを多くの人に伝えたい!そう思い立つまで時間はかかりませんでした。

 

kindleで電子書籍を出版すること自体は、それほど難しい事ではありません。代行業者もありますし、ちょっと頑張って調べれば自分で申請することも可能です。

 

コンテンツビジネスは開業資金が不要、仕入れによる在庫負担もゼロ、顔も名前も出す必要がないので副業にもピッタリと、その気になればあなただって明日から参入できる魅力的なビジネスなのです。

 

いやいや私なんて普通のサラリーマン・OL、主婦だから無理無理、なんて決して悲観しないで下さい。あなたが歩んできた人生経験そのものが、必ず後継者が知りたがっている情報価値を持っていますから。

 

ネット通販20年がたち、いま探しても出てこない商品ってほとんどありませんよね。でもコンテンツビジネスの世界を見ると、ニッチな分野では全くライバル不在のひとり勝ちの世界が待っています。

 

私で言えば、カーテン+風水のジャンルです。カーテンも風水も、個別で見ればすでにその分野の巨匠が存在しています。

 

それぞれの専門分野で私がしゃしゃり出たところで勝てるはずもありませんが、カーテンのことに詳しく風水もできる専門家となれば私しかいないのです。

 

一夜にして私は、カーテン風水の専門家として作家デビューを果たしたわけです。

 

本を出版するのは、印税を稼ぐためではありません。有名人でもないしニッチな分野なので、印税など期待するだけ無駄と思います。

 

しかし電子出版といえどもアマゾンで本を出しています、というだけで計り知れないブランディングと話題性があります。

 

紙の商業出版なら自費出版でも数百万円必要なことを考えれば、アマゾンが後押ししている電子書籍出版の波にいま乗らないでいつ乗りますか?ってぐらい私たち庶民にチャンスが来ているのです。

 

いやー私には無理、ビジネスしていないから関係ないわ、と思わないでください。

 

これからの時代どうやって資産を増やすかと考えたとき、労働による対価を増やそうとしても難しいし、銀行にお金預けたって利息は雀の涙にもならないし、絶対何かしら手を打っておかないとヤバイ世界が来るのは目に見えてます。

 

そういう不透明な時代だからこそ、波に乗っている巨人アマゾンにおんぶにだっこで、稼ぐ道筋を作っておくチャンスが目の前にあるのです。

 

ひとりで興奮しちゃってますが、じゃあどうやってコンテンツを見つけるんだ、作るんだという疑問についてはまた明日お伝えしようと思います。

 

ひとまず興味を持たれた方は、楽しみにしておいてくださいね。

 

 

 

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事