考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

おしゃれなオーダーカーテンが揃う通販店クレールが運営する辞典型カーテンブログ。365日毎日届く動画付きメルマガで、学校でも教えてくれないカーテン情報を楽しく学べます。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

使用環境で大きく変わる遮熱カーテンの効果

2closeright

 

 

前回遮熱カーテンには、
ステンレスとセラミックの、
2つのタイプが主流と、
お話ししました。

 

遮熱カーテンを使うと室内温度が、
2~3℃下がります。

 

工業試験所でのJIS試験法では、
5℃の差が出たデータもあります。

 

私が6月の時点で実験した時は、
窓辺で5度の温度差が出ました。

 

shanetudata

 

しかし8月に同じ実験をしても、
その時は2度の差でした。

 

なぜ2ヶ月で温度差が出たのか?
それは気温が大きく関係しています。

 

6月は気温(室温)がまだ低いので、
遮熱で大きな効果が得られます。

 

8月はすでに室温がかなり高いので、
陽を遮っても大きな差は出ません。

 

それは陽の当たらない北の部屋でも、
真夏になれば暑いからです。

 

マイナス10℃と謳う商品もありますが、
室温が10℃下がるとは言っていません。

 

恐らくソファーなどの表面温度が、
遮熱カーテンがあるかないかで、
10度の差が生じたのだと思います。

 

人の心理として数字が大きいと、
性能が高いと信じてしまいます。

 

そこを巧みについた商魂に、
騙されないように気をつけましょう。

 

冷静に考えていただければ、
真夏の30度を超える室温が、
エアコンなしで20℃に下がるなら、
それはもう大発明ですから。

 

10月~6月までの期間なら、
カーテンで大きな満足を得られます。

 

7月~9月の間はエアコンなど、
室温を下げる空調製品を併用して、
部屋を涼しくするのが正解です。

 

遮熱は夏の期間だけではなく、
マンション高層階の環境では、
冬でも暑くて困ることがあります。

 

この遮熱効果をうまく活用して、
快適な空間づくりを目指しましょう!

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

  

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事