高品質・オーダーカーテン通販専門店

カーテンショップ・クレール名古屋

国内ブランド(サンゲツ・リリカラ・東リ・川島織物セルコン・スミノエ・シンコール・アスワン)のカーテンカタログから、常時1万点のカーテンデータを品揃えしています。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

冬の防寒対策は昼と夜を分けて考える

7ded88cece89364fcf5fa0c76d7f7b17_s

 

 

暖房しても部屋が寒い原因は、
部屋の暖房熱が窓から58%も
逃げているためとお伝えしました。

 

 

samuimado

 

 

部屋を暖かく保ちたいなら、
窓から熱が逃げないように、
対策を取ることが大切です。

 

カーテンで防寒を考える時、
の生活時間帯の防寒対策と、
の生活時間帯の防寒対策を、
分けて考える必要があります。

 

★昼の生活時間帯の防寒対策

 

昼間はレースカーテンだけで、
過ごすことになりますので、
レースカーテンに防寒機能を
求めることになります。

 

レースカーテンの繊維密度が
多いほど断熱性能は高くなり、
外の景色は見えなくなります。

 

逆に繊維密度が粗いものは、
景色がよく見えるものの、
断熱性能が劣ります。

 

そこで冬にお勧めなのが、
蓄熱・保温レースカーテンです。

 

image1

 

太陽熱を取り込んで遠赤外線に変換
室内に放出するのでポカポカです。

 

陽が入らない部屋や雪国などでは、
部屋の暖房熱を蓄熱・保温して、
冷たいガラスから熱流出を防ぎます。

 

★夜の生活時間帯の防寒対策

 

生地は当然厚めのものが良く、
繊維の密度が高い遮光生地など、
断熱性の高いものを選びます。

 

もし気に入った生地が薄手の場合は、
裏地付きカーテンに仕立てます。

 

urajituki2

 

カーテンを二重にすることで、
空気層が生まれ断熱効果が得られます。

 

引越して初めての冬を迎えた方は、
買い換えるわけにはいきません。

 

手持ちのカーテンの裏面に装着する、
簡易遮光裏地カーテンがお勧めです。

 

kaniurajiL

 

カーテンが二重になって空気層が生まれ、
それにより断熱性能がアップして、
部屋の暖房熱が窓から逃げにくくなります。

 

このようにカーテンを工夫することで、
寒い部屋を暖かく保つことができます。

 

特に北や北西の角部屋は冷えますので、
冬のことをあらかじめ考えて選びましょう!

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事