考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

おしゃれなオーダーカーテンが揃う通販店クレールが運営する辞典型カーテンブログ。365日毎日届く動画付きメルマガで、学校でも教えてくれないカーテン情報を楽しく学べます。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

大きなリビングの窓はカーテンの分割で対処する

4fc4667d386067658ec9c3768e1106c0_s

 

リビングにある大きな窓の場合、
どのようなカーテンを選べばよいか、
非常に迷うところですね。

 

カーテンの見た目も大切ですが、
ベランダや庭に出て洗濯物を干すなど、
奥様にとっては出入りのしやすさも、
大きなポイントになってきます。

 

大きな窓のリビングは開放感があり、
マンションではそこからの眺望も、
魅力のひとつとして人気があります。

 

ただ実際に暮らすとなればその眺望が、
様々な問題点を含んでいることに気づきます。

 

外からの視線、紫外線・熱気・冷気の侵入

 

問題解決のためにカーテンを使用しますが、
一般的な左右に分けるタイプですと、
ベランダや庭への出入りに不便であったり、
カーテンの束ねが大きく邪魔だったりします。

 

そのようなときに考えられるスタイルは、
カーテンを使いやすく分割する方法です。

 

ただし厚手のカーテンは昼間は束ねますので、
分割しても束ねが中央にできてしまいます。

 

そのようなことから厚手のカーテンは、
最小限の分割数でシェードにすると利便性が高く、
出入りもしやすく部屋が暗くなることはありません。

 

シェードを分割する位置については、
サッシの分割ラインに合わせるとよいです。

 

AZ6102s

 

あまり細かく分割すると割高なので、
最小限で出入りなど使い勝手が良い、
ベストな位置を検討しましょう。

 

AZ6045s

 

この時レースもシェードにすべきか
非常に迷われる方も多いです。

 

奥様が頻繁に出入りすることを考えると、
シェードは瞬間的に開閉できないので、
おそらくストレスを感じてしまうでしょう。

 

カーテンレールの準備ができれば、
レースは横開きのカーテンにするのが、
一番使い勝手が良い選択肢になります。

 

中にはシェードとレースの組み合わせは、
見た目おかしいのではと聞かれますが、
全くそんなことはありません。

 

shadecurtain

 

こちらは実際に納品したお宅の、
シェードレースカーテンの
組み合わせ事例です。

 

窓枠の中にレースカーテンを収め、
壁面にシェード設置しました。

 

カーテンのように部屋を圧迫せず、
見た目もすっきり収まって、
ご夫婦にとても喜ばれました。

 

カーテンカタログの写真集では、
こうした事例が載っていないため、
おかしな組み合わせと心配されますが、
大きな窓こそ使い勝手がよいので、
ぜひ検討してみてください。

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

  

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事