考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

おしゃれなオーダーカーテンが揃う通販店クレールが運営する辞典型カーテンブログ。365日毎日届く動画付きメルマガで、学校でも教えてくれないカーテン情報を楽しく学べます。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

現代人に必要不可欠な遮光カーテン

 

昨日はカーテン選びの

5ステップについて、
ダイジェスト版
お届けしました。

 

 

まず最初に機能が必要か?
住まいの環境に注目して、
事前に検討するのです。

 

 

数ある機能性で人気なのは、
カーテンの遮光性能です。

 

 

遮光とは何か?

 

 

光を遮る(さえぎる)と書き、
窓の向こうから入ってくる、
光を室内に止める役割を持ちます。

 

 

大昔は小学校の体育館で使われる、
暗幕カーテン」だけでした。

 

 

体育館で映画や劇を行う時、
室内を暗くするために、
暗幕カーテンが使われました。

 

 

真っ黒のカーテンで、
表がもありました。

 

 

施設で使うことがあっても、
家庭では使われませんでした。

 

 

その後人の生活様式が大きく変わり、
昼間部屋を暗くする用途が、
増えてきたのです。

 

 

・朝日による睡眠不足
・夜勤明けの方の就寝のため
・ホームシアターの普及
・女性の一人暮らし(防犯)
・西日による暑さ対策

 

 

家庭でも使えるおしゃれな暗幕、
それが遮光カーテンの始まりです。

 

当時は黒・青・焦げ茶といった、
暗い色の糸を使っていました。

 

 

デザインも複雑な物はできず、
ダークで野暮ったいものばかり。

 

 

その後透けない水着で有名になった、
酸化チタンを使用した糸が開発され、
遮光カーテンに採用されてから、
一気に市場は拡大しました。

 

 

shakouwh

 

 

この技術革新は遮光カーテンを、
カーテンの代表格に押し上げました。

 

 

事情を知らない消費者は、
カーテンと言えば遮光カーテン、
本当の使い方もわからず、
とりあえず買っておこう、
そんな選択肢になってします。

 

 

その結果予想外の住環境に変わり、
人は戸惑いストレスが生まれました。

 

 

至福の空間を手に入れるには、
遮光カーテンを使いこなしましょう。

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

  

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事