考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

おしゃれなオーダーカーテンが揃う通販店クレールが運営する辞典型カーテンブログ。365日毎日届く動画付きメルマガで、学校でも教えてくれないカーテン情報を楽しく学べます。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

リビングのカーテンを色違いで選ぶのは変でしょうか?

3486093075b78e1a77b538a8c7a42353_s

 

リビングのカーテンは、
全部統一すべきでしょうか?

 

それとも空間を分けて考え、
別の柄を選んでも良いのでしょうか?

 

本日は多くの方が疑問に思う、
リビングのカーテン選びについて
お話ししたいと思います。

 

部屋ごとにカーテンの柄を変える、
それはごく当たり前の選び方です。

 

リビング・ダイニングのように、
広い空間に窓が複数ある場合、
全部同じにした方がよいのか、
空間を分けて考えるべきか、
非常に迷いますよね。

 

もちろん間取りの状況によって、
その判断は変わってきますので、
一概にこうだ!と言い切れません。

 

そこでインテリアを楽しむ観点で、
いくつか事例を紹介します。

 

■同じ生地で揃えてスタイルを変える

 

vol49-1s

 

大きな窓は横開きのスタイルにして、
腰高窓や小窓はシェードにして、
動きに変化をつけて楽しむ。

 

■メインのカーテンから色を抽出

 

vol49-3s

 

メインのデザインカーテンから、
アクセントとなる色を選んで、
小窓を無地柄でコーディネート。

 

■同系色の濃淡で変化を付ける

 

vol49-2s

 

一つの部屋の中でも壁面を変えて、
同系色の濃淡でコーディネート。

 

このよう少し変化をつけるだけで、
目を引くインテリアに変わります。

 

チャレンジしてみたいけれど、
ちょっと自信がないなぁと不安でしたら、
ぜひ考えるカーテンまでご相談下さい。

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

  

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事