考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

おしゃれなオーダーカーテンが揃う通販店クレールが運営する辞典型カーテンブログ。365日毎日届く動画付きメルマガで、学校でも教えてくれないカーテン情報を楽しく学べます。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

遮光カーテンと暗幕の違いって何なの?

vol51-1

 

人気の遮光カーテンとは別に、
暗幕という名称があります。

 

遮光カーテンと暗幕との違い、
質問をいただきましたので、
お答えしたいと思います。

 

遮光カーテンと暗幕を辞書等で調べても、
同じような内容になっています。

 

どちらも室内外の光を漏らさない
それをメインの目的にしています。

 

ただ遮光カーテンには1級2級3級と、
3つの遮光等級がありますが、
暗幕には遮光1級しかありません。

 

暗幕は工場・病院や学校の体育館など、
カーテンのデザイン性は全く不要で、
部屋を暗くすることだけを目的とした、
施設などに使われています。

 

昔は遮光のニーズは施設だけでしたが、
現代では住宅でも必要とされています。

 

夜勤明けの人が昼間寝室を暗くしたいとか、
昼間ホームシアターを楽しみたいなど、
住宅でのニーズが高まったのです。

 

暗幕には赤や緑といった無地しかなく、
住宅の英ビングや寝室で使うには、
ちょっと野暮ったいものでした。

 

そういった需要から住宅向けの暗幕
つまり遮光カーテンが誕生したわけです。

 

どちらも昼間に使って部屋を暗くする、
光を外に漏らさない目的は同じながら、
施設で使うのか住宅で使うのかという、
用途によって使い分けるとよいでしょう。

 

高級感のある織り風合いのものなら、
住宅向けの防炎性能を持つ遮光カーテンを、
オフィスや病院で使っても構いません。

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

  

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事