考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

おしゃれなオーダーカーテンが揃う通販店クレールが運営する辞典型カーテンブログ。365日毎日届く動画付きメルマガで、学校でも教えてくれないカーテン情報を楽しく学べます。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

夜風を取り入れて快適に過ごせるプライバシーレース

600

 

 

部屋の中が見えないレースが人気です。
でもそれは昼間だけのこと。
では夜はどうしたらよいでしょう?。

 

雨戸やシャッターを閉めたり、
厚地のカーテンで対応できますが、
それでは夏の季節などは不便です。

 

本日はそんな悩みを解決してくれる、
夜も透けにくい機能レースを紹介します。

 

昼間透けにくいミラーカーテンは、
夜間はお部屋が丸見えになります。
それは照明を点けるからです。

 

夜間ではなくても曇りや雨の薄暗い日に、
お部屋に照明を点けることってありますよね。

 

そんな時は、部屋の中が見えてしまいます。

 

対策は厚地カーテンを閉めることですが、
昼間から厚地は閉めたくありません。

 

照明を点けてもレースで大丈夫なら
こんな便利なことはありませんが、
実はそんな便利なレースがあるんです。

 

光を屈折させるという機能を持つ、
ウェーブロンという特殊繊維を使って、
目隠し効果を持つレースカーテンです。

 

開発されてから年月を経てかなり進化し、
デザインや風合いもバラエティーに富んで、
たくさんの種類が販売されています。

 

厳密にはウェーブロン繊維の使用率で、
透けにくさの性能が変わります。

 

ウェーブロン繊維を沢山使えば使うほど、
外から部屋の中は見えなくなります。

 

しかしウェーブロンの密度が高くなれば、
反対に室内から外の景色も見えません。

 

この透け感についてよく理解した上で、
希望する条件を満たすレースはどれなのか、
実際に生地を手にとって比較するのが、
失敗しない選び方になります。

 

このウェーブロンタイプの他には、
トリコット編みという構造を持ち、
裏面に超強力な光沢繊維を使用した、
ミラーカーテンも人気です。

 

お隣さんと窓が向かい合っているので、
部屋の明かりだけ確保したい!
そのような方にお勧めのカーテンです。

 

もし生地の選定でお迷いでしたら、
考えるカーテンにぜひご相談下さい。

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

話題の製品・情報を紹介

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事