考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

考えるカーテン-カーテンの選び方大辞典

おしゃれなオーダーカーテンが揃う通販店クレールが運営する辞典型カーテンブログ。365日毎日届く動画付きメルマガで、学校でも教えてくれないカーテン情報を楽しく学べます。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

ホワイトを使ったカーテンコーディネートの紹介

600

 

 

カーテン選びには色決めが重要な要素。
お部屋のコーディネートにも重要です。
また、個々の色で人への影響も違います。

 

数あるカラーの中、
ホワイトの影響力やコーディネート方法を
紹介したいと思います。

 

ホワイトのプラスのイメージ
清潔感、空間の広がり、相性の良さ、
他の色と合わせやすいのが特徴です。

 

マイナスのイメージもあります。
味気ない、光って眩しい、汚れが目立つ
主張しない色は個性が出しにくいです。

 

ホワイト系一色のコーディネートは
それが個性と言えなくはないのですが、
空間が味気なく、すぐ飽きることも。

 

白は何にでも合いますので、
カーテンの色は自由です。
壁や床、家具の質感と色で
お部屋のイメージは変えられます。

 

床や家具をベージュ系で木の質感を生かし
カーテンの質感を合わせてナチュラル系に。

 

ふかふかの白いソファーと黒のテーブル、
金属の質感を持つ小物類を配して、
どことなくアンティークなイメージに。

 

白い壁と天井、白いフローリングでも、
ピンクの絵柄が入ったベッドカバー、
リボン付きシェードを合わせれば、
嫌味のないおしゃれなお部屋になります。

 

白のコーディネートは制約が少ないので、
好みのイメージを比較的簡単に
実現することができます。

 

最後にホワイトの心理的影響について一言、
狭い空間を広く感じさせる効果があります。
リビングやマンションのなどには効果的です。

 

また、心身の殺菌、浄化作用もあるので、
心機一転、何かを始めたい人にもお薦めです。

 

ただし暖かいホワイトは良いのですが、
冷たいホワイトは、緊張感を生むこともあり、
ゆったりしたいプライベートルームには
使うのを控えたほうが良いかも。

 

こんなことも心に留めておいてください。

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

話題の製品・情報を紹介

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事