高品質・オーダーカーテン通販専門店

カーテンショップ・クレール名古屋

国内ブランド(サンゲツ・リリカラ・東リ・川島織物セルコン・スミノエ・シンコール・アスワン)のカーテンカタログから、常時1万点のカーテンデータを品揃えしています。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール
  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン
メインイメージ1
メインイメージ2
メインイメージ3

初めての方へ

商品一覧

オーダー

お問い合わせ

カーテンの色選びで潜在意識をコントロール

 

昨日はデザインを考える上で、

【カーテンはお部屋の洋服】
と大切な定義をお伝えしました。

 

 

本日はいよいよ、色選びです。
色は視覚を刺激して脳に響く、
至福空間の重要な要素です。

 

 

色は私たち身の回りの見渡しても、
自然や着るものや食べるものなど、
あらゆるものに様々な色があります。

 

 

私たちはいつも色という情報を、
様々な環境の中から吸収して、
感情や行動に活かしています。

 

 

さらに色には、パワーがあります。

 

 

ストレスや不安を解消してくれたり、
緊張した気持ちを穏やかにしたり・・・。

 

 

カラーセラピーやカラーヒーリングなど、
色の特徴や性質をうまく活用した、
立派なお仕事になります。

 

 

色には波動(波長)がある
という考え方もあります。

 

 

実際に目隠しした実験では、
赤い物に手をかざせば暖かく、
青い物は冷たく感じるそうです。

 

 

色が持つ波動が人間と共鳴することで、
様々な変化が起きると考えられています。

 

 

ということは毎日過ごす部屋の中で、
限られた色彩に囲まれていることで、
人の心や体に変化が起きて当然なのです。

 

 

あなたはカーテンの色を選ぶ時、
どのような基準で決めていますか?

 

 

単純に好きな色はあると思いますが、
実はその時の体調や精神状態によって、
求める物も変わることがあります。

 

 

何でこんな色選んだのだろう?って、
後になって思うことありませんか?

 

 

こういうことから色選びは、
本当に慎重に行う必要があります。

 

 

しかも洋服と違ってインテリアは、
本人だけでなく家族にも影響があるので、
皆が心地よいものを選びます。

 

 

そのために色が持つ性質を知り、
部屋で使う色の配分を考えたり、
それをどのエレメントに使うか、
総合的に判断してください。

 

 

色を決めていくエレメントの順番は、
選択肢の少ない物から進めます。

 

 

具体的には、
家具→カーペット→壁紙→カーテン
の順になります。

 

 

それぞれの選び方については、
また日を改めて紹介しますね!

 

カーテン選びに関するご質問や、
ご相談があればお気軽にどうぞ!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

記事が気に入ったら
考えるカーテンを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

考えるカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事